溶接求人は溶接工の仕事探しの求人情報サイト。

溶接の資格に関する基礎知識

溶接の技術はものづくりに必要不可欠な技術の1つであり、製造業で溶接を行うためには資格を取得する必要があります。溶接の資格を取得する際は基礎知識について知ることも大切ですので、こちらで溶接の資格に関する基礎知識をご紹介しています。

資格の種類について

溶接には、手溶接であるアーク溶接とガス溶接をはじめ、半自動溶接やチタン溶接、プラスチック溶接やステンレス鋼溶接など、他にも多くの資格が存在しています。

また、資格によっては溶接の方法にも種類があります。アーク溶接の場合は、一般的な溶接方法である被膜アーク溶接の他に、TIG溶接と呼ばれる方法があり、半自動溶接にはTIG溶接とMIG溶接を組み合わせた方法などがあります。

資格の記号について

溶接の資格には数多くの種類があることから、それぞれの資格に記号がつけられています。
溶接の中で幅広く活用されているMAG半自動溶接の記号には、JISとSA2Fという記号がついています。
JISは日本工業規格の略であり、JIS規格と呼ばれています。

SA2F のSは母材に炭素鋼を使用する意味であり、Aは溶接する際に裏あて金を使用する意味です。
2は母材の厚みを意味しており、数字は1から3まであって数字が大きいと母材が厚くなります。
Fは溶接する時の姿勢を意味しています。Fは下向き溶接のことで、溶接作業では最も基本的な姿勢です。

資格取得

溶接の資格は、各都道府県の溶接協会が認める機関に申し込むことで受験でき、試験内容は学科と実技となっています。学科では溶接に関する一般知識をはじめ、溶接機の構造と操作、溶接部の試験と検査といった全6項目から出題され、正答率が60%以上で合格となります。

実技では母材に裏あて金をした状態で板同士の溶接を行い、曲げや切断の試験で合否が決まります。
資格取得後も3年に一度の実技試験を受験して、更新手続きをする必要があります。

正社員登用有りの溶接求人なら溶接専門の【溶接求人】

溶接求人は溶接業界に特化した求人情報サイトとなっており、正社員登用ありの求人や資格不問など、人気のある溶接求人を掲載しています。また、関東エリアや関西エリアなどエリアの選択も可能ですので、様々な条件から自分に合った求人が見つけられます。急募案件に興味をお持ちの方におすすめの求人もありますので、溶接の求人をお探しの方はぜひご活用ください。

初めての方 求職会員登録初めての方求職会員登録

溶接求人では
  • 豊富な最新求人情報
  • WEBメッセージ
  • WEB履歴書
など使える機能が満載です。

溶接求人 サポートセンター溶接求人サポートセンター

  • support@yousetsukyujin.com

フォームからのお問い合わせはこちら

  • 技建株式会社

    建物耐震補強工事スタッフ50名募集!
    経験不問、日給16,000円

注目の求人 オススメ求人注目の求人オススメ求人

最近チェックした求人最近チェックした求人